吹割の滝編

d0173654_1514361.jpg

d0173654_1465937.jpg

d0173654_148205.jpg

d0173654_147148.jpg
d0173654_1472350.jpg

こんな近くを歩けちゃいますっ (焦)
d0173654_1521491.jpg


吹割の滝(ふきわれのたき)

群馬県沼田市利根町にある滝。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。
900万年前に起こった火山の噴火による大規模な火砕流が冷固した溶結凝灰岩が片品川の流れによって侵食されてできたV字谷にかかり、そこに向かって三方から河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる。

近くには「鱒飛の滝」がある。高さ8メートル、幅6メートルの滝で、遡上してきた鱒がここを越えることができずに止まってしまうことから、かつては「鱒止の滝」と呼ばれていた。

         
d0173654_15301322.jpg

マイナスイオン いっぱい浴びたよ
[PR]
by t-makomako | 2013-08-26 15:06 | お出かけ
<< キャンプ  番外編 キャンプ⑥ サマーリュージュ編 >>